新型コロナの影響によるスクール最新情報はコチラから

子供向けオンライン英会話「始める前の基礎知識」

管理人
管理人

子供のオンライン英会話歴3年目のミイ(@e_enjoykosodate)です。

こちらのページでは、

オンライン英会話ってどういうもの

オンライン英会話の概要を知っておきたい

を解決!

オンライン英会話について「始める前の基礎知識」をご紹介します。

以下の目次から、読みたい項目にとぶことも出来ます。

スポンサーリンク

子供向けオンライン英会話「始める前の基礎知識」

一部経験談もまじえてご紹介していますので、ご参考になれば嬉しいです。

なお、スクール情報は記事執筆時のものとなり、変更されている可能性もあります。最新の情報は公式サイトで再度ご確認下さい。

オンライン英会話って何?

「オンライン英会話」というのは、自宅にいながら、パソコンやタブレットなどを使いインターネット回線を通じて、世界にいる英語講師から英会話レッスンが学べるというものです。

子供のオンライン英会話のメリット・デメリットは?

管理人が、丸2年以上【子供のオンライン英会話】を続けてきて感じたメリット・デメリット、そして今回スクールの情報取集する中でわかったメリット・デメリットと共にご紹介します。

やや長くなってしまったので、別記事にまとめました。こちら↓からチェックしてみて下さいね。

子供向けって何歳から何歳まで?

子供専門スクールや、子供向けコース等については、対象年齢が公式サイトに記載されています。

スクールやコースによって異なっていて、

  • 3歳から小学生
  • 幼児~高校生
  • 小学生のみ

・・・など、さまざま。きっちりと定めているスクールも一部ある一方で、

「対象年齢はあくまでも目安」「推奨年齢」としているところも多く、対象年齢以外の生徒が受講している例を紹介しているところもあります。

もし対象年齢以外の場合で受講したいときは、スクールに問い合わせしてみるのがおススメです。

初心者でも大丈夫なの?

基本的には初心者から始められますが、スムーズに受講できるかは(低年齢ほど)個人差がありますし、選ぶスクールによっても変わってきます。

こちらのページで初心者向け対策をまとめていますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

家族共有って何?

【家族共有】とは、主に2つのタイプがあって、

  1. 【アカウント共有タイプ】
  2. 【受講数共有タイプ】

①の【アカウント共有タイプ】は、「1つの登録アカウントを家族で共有して使えること。」

特徴1人分の料金だけで、家族それぞれが個別にレッスンを受けられてお得に始められます。

②の【受講数共有タイプ】は、「レッスン数やポイント数などを家族で分け合えること。」

特徴1回でまとまった金額の支払いが必要になりますが、その分を家族で分け合って個別に受講することができ、1人分ずつ申し込むよりお得となっています。

なお、①②のようにアカウントや受講数の共有はできませんが、2人目以降の家族がお得な価格で始められるプランを用意しているスクールもあります。

なお、スクールによって【家族共有】出来るところと出来ないところがあり、【家族共有】できる場合でも、「家族○人まで」といった決まり(条件)があるケースもあります。

【家族共有】できるスクールは下記のページで詳しくまとめていますので、家族での受講を考えている方は、チェックしてみて下さいね。

なお、家族共有の可否に関わらず、兄弟が一緒(同時)にレッスンを受けられるかはスクールによって異なっています。以下の項目で説明していますので、併せてチェックしてみて下さいね。

兄弟でも一緒に受けられるの?

兄弟が一緒(同時)にレッスンを受けられるかは、スクールによって異なっています。

各スクールの公式サイトの「よくある質問」や「FAQ」に、兄弟が一緒に受講することについて記載されているところが多く、それらの情報を見ると、

主に、

  • 「マンツーマンを重視」しているところは兄弟一緒はNG
  • 「兄弟での取り組みを重視」しているところは兄弟が一緒でもOK(←但し条件はスクールによって異なります)

となっているようです。

なお、【兄弟の一緒受講の可否】は、【家族共有の可否】とは必ずしも一致しているわけではないので注意が必要です。

例えば、「家族共有がOKでも兄弟一緒の受講はNG」だったりするスクールもあります(その逆もあり)。

また一緒に受ける場合、一人分の料金でOKのスクールがほとんどの中、なかには、

  • 各人の料金とアカウントが必要、かつ同レベルならOK
  • 弟妹に限り、申込みが無くても一緒に聞いていてもOK

といったスクールもあります。

【兄弟で一緒】に受講できるスクールは下記のページで詳しくまとめていますので、きょうだいで一緒に受講を考えている方は、チェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

1レッスンって何分?

1レッスンは「25分」のスクールが多いです。

中には、

  • 1レッスン「20分」や「30分」のスクール、
  • コースやレベルによって「50分」を選べるスクール、
  • 「小学生対象のグループレッスンで60分のスクール」や、
  • 「25分のレッスン時間のうち、最後の3分はレッスンレポート作成にあてる」といったところもあります。

集中力的に、マンツーマンなら「25分」ぐらいでちょうどいいのかなと思います。(小さい子だと25分でも長いかもしれませんが)

ただ学習内容(英検対策など)によっては、長目のレッスンのほうが良い場合も出てくるかもしれません。

講師の国籍は?

スクールによって在籍している講師のタイプは異なり、大きく分けて下記の3つのタイプになります。

  • フィリピン人講師(および様々な国籍の講師)
  • ネイティブ講師
  • 日本人講師

(中には日本語が話せるフィリピン人講師やネイティブ講師、ハーフの講師もいたりします。)

フィリピン人講師のみが在籍しているスクールも多いです。

なお、ネイティブ講師や日本人講師よりも、フィリピン人講師のほうが人件費が安い分、低価格でレッスンを受けられるという特長があります

スマホやタブレットでも受講できるの?

スマホやタブレットでも受講できるスクールは多いです。

ただ、

  • 画面が小さく見えずらい
  • システムやカリキュラムがパソコンでのレッスンを前提としている

などの理由で、「スマホやタブレットは推奨していない」スクールも結構あります。さらに、

「スマホやタブレットを利用した場合、通信上の不具合があっても振替の対象にはならない」とするところもあります。

また、中には

  • 「Android端末はサポート外」
  • 「Android端末は不可」、
  • 「専用アプリのためパソコンでは受講できない」といったスクールもあります。

気になるスクールの可能端末もチェックしておきたいですね。

ちなみに管理人の場合、過去にパソコンで受講中に落雷が原因か?回線が途切れて、急遽スマホでレッスンを受けたことがありましたが、小さくてかなり見づらかったです💦

子供のレッスンには、パソコン、あるいは画面の大きいタブレットが見やすくておススメです。

もしスマホやタブレットで受講する際でも、手に持たず、立てかけるなどして固定したほうが良いです(そうでないと手は疲れますし、手ブレして見にくいので←経験済み(^^;)。

スカイプ以外でも受講できるの?

スクールによって導入している通信ツールは異なりますが、主に

  • Skype
  • Zoom
  • スクール専用アプリ(スマホやタブレットで利用)
  • スクール独自のWebシステム(ブラウザで利用)
のいずれか(あるいは組み合わせ)が多いです。

Skypeを取り入れているスクールが多いなか、

Zoomや、独自のシステムを取り入れているスクールも増えてきている印象です。

カメラは使わないといけないの?

カメラの使用については、大半のスクールがカメラを使用することを前提にしていますが、

中には、生徒側のカメラの使用は任意(生徒側の映像を映したくない場合はカメラは不使用あるいは電源OFFでもOK)というところもあります。

ちなみに、カメラにプライベートな映像を映したくない場合などは、背景が壁やカーテンになるようにしてレッスンを受けることも一案です。

(管理人の場合はリビングでレッスンを受けていますが、情報漏洩のリスクもゼロではないと思いますので、念のため個人情報(住所)がわかるものを置かない、レッスンが終わったらカメラを無効にする(わが家の場合は外付けカメラなのでUSBプラグを抜く)、ということをしています。)

ヘッドセットは必須なの?

ヘッドセットの使用は「任意」のスクールがほとんどです。(内蔵マイクやスピーカーなどでOK)

公式サイトに「ヘッドセットが必要」という記載があっても、問い合わせてみると「必須」ではなく「任意」というスクールも結構ありました。(明確に「必須」か「任意」などと書いてくれると分かりやすいですが…)

ただし、

「パソコンでの受講ではヘッドセットは必須」というスクールもありました。

逆に、親のサポートが必要なうちはヘッドセットの使用を勧めないスクールもありました。

また「任意」ではあっても、「推奨」とするスクールも多いです。

というのも、ヘッドセットは、

  • 集中力が増す、
  • 音質がクリア(内蔵タイプのマイクだと、周りの音を拾ってしまいやすい)、
    という利点があるからです。

ただ一方で、

親が講師と子どものやりとりを聞けないというデメリットもあります。

管理人の場合では、今のわが子にはヘッドセットは不要だと考え、使用していません。

今後、親のサポートが不要になったり、試験対策等で集中したい場合が出てきたら使用を考えるかもしれませんが(^^)

スポンサーリンク

親の付き添いやサポートは必要なの?

親の付き添いやサポートは必要なのかは、気になるところ。

サポートにもいろいろあって、詳しくは下記のページにまとめましたので、ぜひ一読してみて下さいね。

講師はどこでレッスンを行うの?

ほとんどのスクールが、

  1. 専用オフィス
  2. 自宅

のいずれかになります。

(なお、同じスクール内でも講師によってオフィスか自宅か、異なるところもあります。)

講師が専用オフィス勤務のスクールの場合、通信環境が良好というメリットがあります。(オフィスでも稀に周りの声がうるさい時もありますが)

また一概には言えませんが、オフィス勤務の講師のほうが、監視の目がある分、緊張感ややる気をもって臨んでいる講師が多い可能性もあるかもしれません。(自宅だと、講師によっては、ついあくびをしちゃうとか…←経験済み(^^;)

またオフィスの場合、サポート側も近くにいて、対応が早い可能性も。

自宅の場合だと通信状況が良い講師もいる一方で、通信環境が悪かったり、カメラの画質が悪い講師もいます。

(中にはスクール側が、自宅講師の家に光ファイバーの高速インターネット回線を引きレッスンを行わせているというところもありますが。)

通信状況も大事な要素なので、体験レッスン時に気になったスクールや講師の通信状況を確認しておくのがおすすめ。

各スクールの講師のレッスン場所は、下記の比較表でチェックすることができますので、よかったら参考にしてみて下さいね。

体験レッスンって1回だけ?

スクールによって、

  • 1回
  • 2回(あるいはそれ以上のところも)
  • 2回のうち、1回目はカウンセリングやレベルチェック+2回目が体験レッスン
  • 15日間無料
  • 1ヵ月無料
  • 〇ポイント進呈、など

さまざまです。

平均して2回は受けられるケースが多いように思います。

しかも無料で受けられるところがほとんど(一部、有料のスクールもあります)。

回数が多いほうが判断材料が増えますし、無料で沢山レッスンが受けられるのは単純に嬉しいですよね。

(スクールによってはキャンペーン等により体験レッスンの数が増える時があったり、逆にキャンペーン終了等により体験レッスン数が減る可能性もあります。)

【無料体験レッスンが3回以上】あるスクールを下記のページでまとめていますので、よかったらチェックしてみて下さいね。

また、会員登録後、体験レッスンの受講期限(有効期限)が決められているところもありますので、期限内に受講できるよう念のため注意が必要です。

詳しくはこちらの記事をチェックしてみて下さいね。

体験レッスン後は入会しなきゃいけないの?

あくまでも体験なので、入会しなくても大丈夫です。

ただし、体験レッスン期間が終わると自動的に有料プランに移行する(課金される)スクールもありますので、

その場合で「まだ検討したい」「入会は見送りたい」という時には、解約(場合によっては休会)の手続きを忘れずに取るようにしてくださいね。

詳しくはこちらの記事をチェックしてみて下さいね。

入会金は?月謝の他にかかる費用は?

入会金については、「無し」とするスクールがほとんどです(一部必要なスクールもありますが)。

その他月謝以外にかかる費用(マイクやカメラなどの初期の購入費用・電気代・通信費などは除く)としては、「教材費」がかかる可能性があります。

  • 「教材費が必須」のスクールや、
  • 「選ぶコースや使いたい教材によっては教材費が必須」になるスクールもありますが、

一方で、

  • 「教材費一切なし」のところや、
  • 「無料のオリジナル教材で受講」できるところも多く、

「教材費」を掛けずに始めることもできます。

なお市販教材については、購入が必要なスクールがほとんどですが、中には市販教材でも無料で受講できるところもあります。

各スクールの【教材費の要否】は、下記の比較表でチェックすることができますので、よかったら参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

レッスンに遅刻したらどうなるの?

ほとんどのスクールでは、講師が決められた時間まで(10分や15分など)は待機してくれていて、

それまでに開始できれば受講できます。(中にはレッスン時間中、待機してくれるスクールもありますが)

なお遅れた分の延長は出来ないのが一般的です。

決められた時間が過ぎてしまった場合には、欠席扱いとなるので注意したいですね。

レッスン内容は次の講師に引き継がれるの?一回で終わり?

担任制の場合や、毎回同じ講師を指定できる場合などであれば、前回のレッスン内容を講師は把握してくれていますが、

毎回講師を自由に選ぶ【自由予約制】の場合、講師間のレッスン内容の引継ぎや共有の有無は、スクールによって異なります。

講師間で生徒の情報を共有していて、講師が変わっても内容が引き継がれるスクールが多いですが、

中には、共有のないスクールもあります。

その場合は、必要・希望に応じて、事前に前回の学習内容やテキストのページ数などを講師に伝えておくなどします。(中には、前回受講した次のテキストが、テキスト選択時に自動的に選択されるスクールもあります。)

講師がお休みの場合はどうなるの?

講師側の都合(体調不良や事故、回線不良など)でレッスンが出来ない場合、

対応はスクールによって異なり、

  • スクール側が代替講師を用意するところや、
  • 事前に代替講師にするか、キャンセル扱いにするか選べるところ、
  • レッスン自体キャンセルとなって、振替チケットを用意するところ、ポイントを返還するところ など

があります。

レッスン中に通信トラブルがあったら?振替してくれるの?

一般的に、講師側・スクール側に原因がある場合は、振替レッスンのチケットが貰えるなどの対応をしてくれます。

逆に生徒側が原因の通信トラブルだと振替はしてもらえないのが一般的です。

パソコンでの受講が前提となっていて、スマホやタブレットでの受講を推奨していないスクールでは、それら使用による通信トラブルは補償対象外としているところもあるので、注意してくださいね。

最後に

以上、「始める前の基礎知識」をご紹介しました。

ほとんどのスクールの公式サイトには、「よくある質問」「FAQ」などのページが設けられていて、

そこには知りたい情報が色々と書かれていることが多いです(スクールによっては、知りたい情報が少ない、情報が見づらいといったところもありますが)。

とても参考になりますので、興味のあるスクール分は一読しておくのがおススメです。

なお初心者が始めやすいスクールはこちらの記事でチェックしてみて下さいね。

お読み頂き、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました