キャンペーン情報はコチラから≫≫

「DUO3.0」をスパトレのシャドーイングレッスンで1周終えた感想や効果

本記事では、大人の学び直しとして、私自身のオンライン英会話の体験談をご紹介しています。

普段利用しているオンライン英会話「 スパトレ」で、DUO3.0シャドーイングレッスンを続けてきましたが、先日ようやく1周を終えました。

 

(その後、現在2周目のシャドーイングレッスンを受けています)。

 

と言っても、最初はDUO3.0でのシャドーイングがきつくて、一旦挫折(^^;

 

簡単な教材でシャドーイングに慣れてから再度DUOに戻ってきました。

 

(それらシャドーイングレッスンについての詳細は別記事にまとめてます。)

 

そして今回、DUO3.0でのシャドーイングレッスンを1周終えて、最初はきつかったけど段々慣れてきたことや学べたこと、まだまだと感じたことなど色々あったので、

 

その感想効果について、忘備録を兼ねてまとめました。

 

詳細は後述しますが、先に結論をお伝えするとこちら。

  • 私の場合、独学じゃ絶対できなかった
  • 特にリスニングと発音(特に音声変化)に効果を感じた
  • 流暢さや語彙力も上がった
  • やる価値のある本だと感じた
  • 1周やると随分ラクに。でも1周じゃまだまだ全然足りない

本記事が、

DUO3.0を使ってる人の感想を知りたい

DUO3.0がなかなか進まずつらい

という方のご参考になれば嬉しいです。

関連記事「スパトレ」英会話を始めました!決め手はこの2つ!【大人の学び直し】

関連記事スパトレ!初回実力診断テストがすごかった!【大人の学び直し】

関連記事【スパトレ無料体験】有効利用するために知っておきたいこと

関連記事【スパトレ】日本人サポートのカウンセリングを受けた話

関連記事スパトレの口コミ!値上後いったん休会したけど復帰した理由4つ!

「DUO3.0」をスパトレのシャドーイングレッスンで1周終えた感想や効果

もともとDUO3.0のことを知ったのは、オンライン英会話「スパトレ」の初回の実力診断テストの結果でおすすめされた教材だったから。

 

長いこと英語の勉強から遠ざかっていて、市販のテキストについてよく知らなかった私でしたが、DUO3.0について調べてみると評判のいいテキストだということがわかって、早速購入。

こちらのDUO3.0の他、

別売りの復習用CDも揃えました。(基礎用CDというのも別途あります)

ちなみに、発音やイントネーション、スピード、音声変化など、リスニングに慣れるためにも、CDは絶対にあったほうがいいと思います。

(スパトレでシャドーイングレッスンを受ける際にも音声は必須となります)

 

そして私自身このDUO3.0は、スパトレのレッスンを通して学んでいきましたが、

 

スパトレでのシャドーイングレッスンを1周してみて感じたことは、冒頭でもお伝えしたとおり、こちら。

  • 私の場合、独学じゃ絶対できなかった
  • 特にリスニングと発音(特に音声変化)に効果を感じた
  • 流暢さや語彙力も上がった
  • やる価値のある本だと感じた
  • 1周やると随分ラクに。でも1周じゃまだまだ全然足りない

順に見ていきますと…

独学じゃできなかった

既にお持ちの方はわかると思いますが、DUO3.0は例文が560本収録されていて、なかなかのボリューム。

内容も充実していて良いテキストなのですが、このテキストをコツコツと覚えていく作業はかなり大変というのが正直なところ💦

 

DUO3.0の冒頭に推奨学習法が紹介されているんですが、簡単にまとめると、

Step1では、

1.まずは意味を理解しながら和訳
2.基礎用CDを利用して英語↔日本語の変換が自然にできるようになるまでリスニング
3.日本語での意味をイメージしながら音読を繰り返す

Step2で、復習用CDを毎日2回ずつ聞くことを1ヵ月繰り返す

余裕が出てきたら、Step3として、派生語や関連語も少しずつ覚えていく

とこんな感じ。

 

これを独学でやれる人はすごいなと尊敬しちゃいます💦

 

私の場合…『スパトレで先生の前でシャドーイングする』というタスクがあったからこそ、

 

なんとか自分にムチを打って音読したり、シャドーイングしたりという自習が出来たと感じています。←サボり魔なので(^^;

 

と言っても、過去にシャドーイングをしたことがなかった私には、最初キツクてキツクて💦

 

セクション10あたりで一度挫折(苦笑)

 

冒頭でもお伝えしましたが、一旦簡単なテキストに変更して、シャドーイングに少し慣れてから再チャレンジしました。

スパトレでシャドーイング!「DUO3.0」から「毎日の英文法」に切り替えて奮闘中!
...

 

私のようにシャドーイングが初めての方は、いきなりDUO3.0を始めるとシンドイかと思うので、先に別の初級者向けのテキストを取り組むのがおすすめです。

 

また文法や語彙などが初級レベルの方も、先に初級者向けのテキストに取り組んで基礎レベルを固めてからがおすすめです。DUO3.0には文法の解説などは載っていないので。

 

シャドーイングまでの方法は、やっているうちに段々と自分なりのやり方コツがわかってきたので、まとめておくとコチラ。

 

セクションごとに…

  1. まずは1文ずつ精読
    (単語の意味や構文、文法の理解)
  2. 音声で確認(精聴)
    (最初はゆっくり0.5倍速で細部が聴けるまで発音チェック、特に連結や脱落などの音声変化)
  3. 音声と一緒にテキストを見ながら何度も音読
    (言えないところは速度を落として。最後はオーバーラッピングで滑らかに言えるぐらいまで)
  4. テキストを見ないで何度もシャドーイング
    (言えない時は②や③も再度繰り返しながら。最後はオーバーラッピングで滑らかに言えるぐらいまで)
(※オーバーラッピング=音声に合わせて同時に声に出して読むこと)

独学だと、①から③までやって満足してたと思いますが、

 

④のシャドーイングをやることによって、負荷が増して大変でしたが、その分、身に付いたところが多々ありました(後述)。

 

朝時間スキマ時間を利用して上記①から④をやっておき、その後レッスンに臨みました。
(特に④は時間をおくと言えなくなってしまうことがあるので、時間をあけて何回かやる感じ。)

 

例文が多い時忙しい時は①~④を数日かけてやることもありました。

 

それでも先生の前でやると、緊張もしたりして途中で突っかかったり、予習不足の時は口が回らなかったり(^^;

 

レッスンでは、先生が発音チェックしてくれたり、音声変化(音の連結脱落など)を詳しく教えてくれたりするので本当に役立ちました。

 

例えば、私が普段受けている先生は、

 

例文の中に出てくる【fix it】をリンキング(音の連結)で言う際に、

先生
先生

[fik.sit]のように言うといいよ

と、チャットボックスに[fik.sit]と発音の仕方を入力しながら、わかりやすく説明してくれます。

 

ちなみに、スパトレの予習方法に「シャドーイングの予習最大回数は10回まで」と書いてありますが、それだけだと全然口が回らないので、気にせずそれ以上やっています(^^)

 

それと音声の再生用に使っているアプリはこちら。(スパトレで薦められていたもの)

Audipo (倍速再生 耳コピ リスニング 音楽プレーヤー

Audipo (倍速再生 耳コピ リスニング 音楽プレーヤー
無料
posted withアプリーチ

音声の速度を変えられたり、区間リピートができたりして、シャドーイングをやるのに向いていておすすめです。

リスニングと発音(特に音声変化)に効果

DUO3.0シャドーイングレッスンで1周してみて…

 

効果の感じ方は、もともとの英語レベル弱点によって、人それぞれで異なるところですが、

 

わたし自身はリスニング発音でした。

 

時には速度遅めにして音声をしっかり聞くことで、特に今まで意識していなかった音声変化(音の連結脱落など)が学べて、また実際に自分でも繰り返し口に出すことで、

 

聞けなかったところが聞けるようになったり、口が回らなかったところが言えるようになったり。

 

例えば…

I won’t give her up. (僕は彼女をあきらめない)

の文章では、1つずつの単語の発音はできていても、

 

特に太字のところのように、単語同士がつながりナチュラルスピードで話されて脱落連結した音になると(←herのhが脱落したり、herとupのrとuが連結する)、

 

もともと知ってた音(脱落や連結していない音)と聞こえた音(脱落や連結した音)とにギャップがあって、聞き取れなかったり、言えなかったりするんですよね💦

 

それらに四苦八苦しながらも、口で言えるようになることで、それに伴ってスピードにも慣れてきて、聞き取れるようにもなって、発音リスニングが上達していったように感じます。

流暢さや語彙力も上がった

そして繰り返しシャドーイングしてインプットされた文章や熟語などは、口が慣れてきて流暢に言えるようになったのは嬉しいポイント。

Tell me how it happened.  (どうしてそんなことが起きたのか教えて)

Let me see it.  (ちょっと見せて)

Can you keep an eye on my kids for a while? (うちの子たちをちょっと見ててもらえる?)

I’m not particular about it. (こだわりはありませんから)

など、考えずに口からサラッと言えるようになりました。

 

しばらくすると言えなくなってしまうクセ者の例文もまだまだありますが(^^;

 

また、560本の例文を通して語彙も豊富に収録されているので、新たに覚えたり、忘れていたものを思い出したりして、語彙力も以前より上がってきたと思います。

ちなみに私自身、昔に英検準1級、TOEICは890点を取得してますが、かなりブランクがあるのと、

 

スピーキングについては全然口が回らず、ほぼ初級者状態なので、DUO3.0学び直しに本当に役立っています。

やる価値のある本だと感じた

DUO3.0の例文は充実していて、やる価値のある本だと感じます。

・普段使う日常会話から、
政治経済などの話題もあって

内容が幅広いです。

I can’t stand it anymore! (もう我慢できない!)

Give me a break! (冗談はよせよ!)

For here or to go? (こちらでお召し上がりですか?)

などドラマで出てきたりして、日常会話でよく耳にする言い回しも色々あったり。

 

またニュースを聞いていても、

Supreme court (最高裁判所)

carbon dioxide emissions (二酸化炭素の排出)

juvenile delinquency (少年非行)

などがポンポン出てきて、「あ、DUOでやった単語だ!」となる場面が多く、

 

よく使われる単語表現が盛り沢山。

 

DUOはネイティブが15人もチェックに携わっていて、「暗記する価値のある英文」と謳っている通り、使える英語が本当に凝縮されているなという感じです。

1周やると随分ラクに。でも1周じゃまだまだ全然足りない

シャドーイングでひと通り1周やると、口に馴染んで随分とシャドーイングがラクになりました。

 

セクション後半のほうになると、レッスン中によくかいていた脇汗も減ってきました(笑)

 

ただ時間が経つと、また言えなくなっている苦手な例文もたくさんあって💦💦

 

1周して「はい終了!」どころじゃなく、「まだまだ!」という感じ。

 

普段今も空き時間や散歩時間などを利用して、ブツブツと音読やシャドーイングしています。

 

その際、DUOの復習用CDに付いてくるこのミニ冊子が便利で、「あれ今の複数形?」とか「冠詞が聞き取れなかった!」という時などサッと確認するのに役立っています。

 

スパトレでもDUOの2周目のシャドーイングレッスンを時折入れるようにしていますが、

 

以下が自分自身の課題とわかったので、2周目はこれらを意識してやっています。

  • a、the、複数形、過去形など細かいところがシャドーイングで再現できていない箇所がまだある
  • シャドーイング自体が目的となってしまい、文章や単語の意味がしっかり把握できていない例文もある
  • 時間が経つと忘れていたり、滑らかに言えなくなっているところもある
  • リンキングの苦手な部分がまだまだある

 

ちなみに、スパトレでのDUO3.0を使ったレッスンは、

シャドーイングの他にも
ライティング
Expression building

の計3つから選べるので、

 

例文を覚えるまでやりこめたら(なかなか覚えられないけど💦)、次はExpression building もやってみたいなと思っています。

Expression buildingは、先生がセクションごとに「こう言いたい時なんと言うのか」という質問をするので、テキストを見ずに即座に答えるようにするレッスンです。

最後に

以上、スパトレシャドーイングレッスンDUO3.0を1周終えた感想や効果をご紹介しました。

 

DUO3.0のおかげで少しは英語の引出しが増えてきた感じがするので、さらにがんばっていきたいと思ってます。

 

DUO3.0に取り組んでいる方、取り組もうとしている方のご参考になれば幸いです。

 

スパトレについてはこちら↓「DUO3.0をやるのに独学はつらい」「英語学習の伴走者が欲しい」という場合はぜひチェックしてみてくださいね。

無料で7日間お試しできる/

お読み頂き、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました